スポンサーリンク

札幌市のファミリー・サポート・センター事業に事前登録してきました!

こんばんは!
先日ファミリー・サポート・センター事業の事前登録説明会に行ってきました!

ファミリー・サポート・センター事業とは、一時的に子供を預けることができる公的な制度です。札幌市では、「さっぽろ子育てサポートセンター(通称子サポ)」「こども緊急サポートネットワーク(緊サポ)」「病後児デイサービス」などがあります。

本来は、それぞれのサービス団体ごとに申し込み手続きが必要でしたが、上記3つのサービスは中央保健センターのこそだてインフォメーションでまとめて申し込みをできるようになりました!平日毎日11時~、14時~の2回説明会を開催しており、1時間ほどの説明会を聞いた後申込書を書けます。予約の必要はなく、参加人数が一人でもちゃんと対応してくれますよ^^こそだてインフォメーションには、靴を脱いで上がることができるスペースがあり、おもちゃや絵本があるのでもちろんお子様連れでも安心して来ることができます♪

札幌市のファミリー・サポート・センター事業に事前登録してきました!

簡単に、それぞれのサービスのご紹介をします(●^o^●)利用の都度料金は発生しますが、登録は無料で年会費等はかかりません。

スポンサーリンク

「さっぽろ子育てサポートセンター(通称子サポ)」

札幌市のファミリー・サポート・センター事業に事前登録してきました!

保育園の送り迎えや保護者のリフレッシュなど、日常的な一時預かりで利用することができます。預かってくれるのは、研修を受けた札幌市民の方で、有償ボランティアとして活動してくれます。依頼がある場合は、センターへ連絡し、預かり先のマッチングを行い、預かり先の方と事前打ち合わせをしたのちに、利用するかの確定をします。預かりの場所の制限や、投薬などのお願いできないことなどもあるので、サービス内容のしっかりした把握が必要です!

「こども緊急サポートネットワーク(緊サポ)」

札幌市のファミリー・サポート・センター事業に事前登録してきました!

子どもが病気で保育園に預けられないけど仕事で休めない、急な残業などの緊急時に対応してくれる預かりサービスです。こちらも研修を受けた札幌市民の方が預かり先となってくれます。病院受診後で自宅安静という指示があった場合には利用者宅での預かりが可能で、病院受診前であれば代理受診や連絡を受けた場合保育園へのお迎えをお願いすることもできます。病児・病後児以外であれば、宿泊をお願いすることもできます。こちらは緊急サポートなので、事前マッチングはなく、当日や前日に申し込みが可能です。

「病後児デイサービス」

札幌市のファミリー・サポート・センター事業に事前登録してきました!

保護者が仕事や冠婚葬祭時に、病気回復期の子どもを病院付帯施設で預けることができるサービスになります。
風邪などの日常かかる病気、やけど等の外傷性の病気、水ぼうそうなどの感染性の病気でも預かってくれます。
見てくれるのは、看護師や保育士の方で、医療機関に付帯している施設になります。ちなみに、中央区には提供している施設はありませんが、地下鉄沿線の東西線「菊水駅」や東豊線「北13条東駅」、南北線「中の島駅」にあるので行きやすいところを利用できたらいいかと思います。

私も主に使うのは、職場復帰した後になってくるとは思いますが、有休も限られているし旦那も夜が遅かったりするので、このようなサービスも頼れる部分は頼っていきたいなと思っています。札幌には、親戚や他の家族もいないのでこういったサービスがあるというだけでもすごく心強いです!

いざサービスを使いたいと思った時に、事前登録をしていなかったため利用できなかった…ということがないように必要な登録や連絡先の確認などしておきたいですね(●^o^●)

ちなみに、説明会の翌々日にはそれぞれの会員証が届きました!

札幌市のファミリー・サポート・センター事業に事前登録してきました!

民間のサービスもありますが、ぜひこちらも検討してみてくださいね^^

ブログランキングも参加しています♪♪
よろしければ↓のボタンをポチっとしてもらえるとやる気がわいてきます(笑)

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

ツイッターやってます!!平均1日1つぶやき!!(笑)
ぜひぜひフォロー&拡散お願いします!!
https://twitter.com/im__717

コメント