妊娠中におすすめの映画その6!!あらすじや感想。映画トゥモローワールド

スポンサーリンク

こんばんは!
本日で出産予定日まで9日になりました。
いよいよカウントダウンが一桁になってきました(^^)!

そして本日の内容は、妊婦おすすめ映画紹介その6です!

「トゥモロー・ワールド」という映画を紹介します^^

ちょっとネタバレがあります!!!!

Yahoo!でも紹介ページがありましたので、こちらも参考までにURLも掲載しておきます。
参考URL:https://movies.yahoo.co.jp/movie/

★映画概要

2006年制作で、原題は「Children of men」、クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、クレア=ホープ・アシティー出演のSFアクション映画です。

舞台は2027年、なぜか人類から出産の能力がなくなり18年間子供が生まれなくなってしまい、全世界で内戦や内乱が起きていました。

ロンドンでは威圧によりなんとか秩序が保たれていますが、移民を厳しく排除しています。

そんな中、主人公は反政府派組織の元妻より、妊娠した女の子を助けるよう依頼され、無事彼女とその子どもを守り切ることができるのか…というようなストーリーになります。

アカデミー賞にもノミネートされた作品で、見ごたえありです!

★感想

けっこう銃撃・爆撃のシーンが多く最初はこの映画を見てるのも赤ちゃんにあまりよくないかなと思っていました(^^;)

あらすじにも書きましたが、女の子が出産し、銃撃のなかを赤ちゃんを抱いて通るシーンがありすごく印象的でした。

もちろんこの映画の状況が状況なので、赤ちゃんがいること自体が信じられなくて、その場の人々が感動したり優しい表情や笑顔になったりのですが、その状況じゃなくても赤ちゃんって、まわりの人を穏やかな気持ちにさせてくれる存在なんじゃないかなと思いました。

そして、生まれてきてくれるということがすごく尊いことのように思えるシーンでした。

ブログランキング参加してみました!!
よろしければ↓のボタンをポチっとしてもらえるとやる気がわいてきます(笑)

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
↑ポチッ↑

コメント