母乳育児で気をつけること。食事でダメなものなど?

スポンサーリンク

こんばんは!
本日で出産予定日まで10日になりました!
前駆陣痛のようなものはあるのですが、相変わらずそこまで痛くなく規則的にはなっていません…

今日は一足先に母乳育児で気をつけたい食生活について調べたので、まとめたいと思います!

今のうちにじゃないと食べれないものも逆にあったりすると思ったので調べてみました。(笑)

乳腺炎を引き起こしやすいものだったり、母乳を通して赤ちゃんに成分が届いてしまうものなどいろいろと出てきました。

・脂っこいもの、乳製品(高カロリー・高たんぱく)
・お餅(もち米)→母乳の粘度が高まり詰まりやすくなる
・菓子パン、冷凍食品→添加物、栄養面、カロリーからできるだけ避ける
・生野菜→体を冷やしてしまう
・小麦→体を冷やしてしまう
・アレルギーを引き起こす恐れのあるもの
・カフェイン→赤ちゃんにも覚醒効果が出てしまう可能性もあるらしい
・水銀の含有量が高い魚→母乳に影響が出るのはわずかですが、食べすぎないように
・アルコール、タバコ

調べて分かったことは、あまり妊娠中と変わらないということです。(笑)

そして、ここにあげているものは一切食べてはいけないということではなく、基本的には過剰摂取を避け、バランスのよい食事を心がけることが母体にも母乳にもいい影響をもたらすということでした。

あとは、書いていませんが、薬類もわずかですが影響が出る可能性があるので、服用前に担当医に相談したいですね!

逆に食べ方としては、和食の献立が母乳の量・質ともに安定するそうです!

ただ、煮物は特に塩分や炭水化物を取りすぎてしまいがちなので、そこは注意が必要です!

私の知人は、白米ではなく玄米を取り入れるようにしていました。

あとは、妊娠中と同様水分も気持ち多めにとることが重要だそうです。

私の場合は、ここに記載したものは特に制限してもつらくはないので安心しましたが、引き続き体重管理とともに食事バランスに気をつけたいと思います。

ブログランキング参加してみました!!
よろしければ↓のボタンをポチっとしてもらえるとやる気がわいてきます(笑)

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
↑ポチッ↑

コメント